今年のインフルエンザワクチンは13歳以上1回接種で

インフルエンザワクチンが不足気味にため13歳以上は1回で 例年インフルエンザワクチンは3000万本ほど生産され、2600万本ほどが接種されます。 今年は、様々な事情により、2500万本ほどの生産の予定です。 やや不足気味のため、13歳以上の方は1回接種でお願いいたします。 これまでの研究によれば、13歳以上であれば1回接種で十分な抗体ができるとのことです。 …

続きを読む>

おたふくかぜの難聴をワクチンで予防を

おたふくかぜ難聴をワクチンで予防しましょう 今年の9月に入り、日本耳鼻咽喉科学会による全国調査が公表され、各新聞、テレビなどで報道されました。全国の医療機関3536施設から回答を得て、おたふくかぜによる難聴が2015、16年の2年間で少なくとも336人いることがわかりました。約8割の人が高度難聴または重度難聴で、14人が両耳の難聴となっていました。全体の約半 …

続きを読む>

RSウイルス感染症の流行にご注意

RSウイルス感染症の流行にご注意   今年は冬にはやるRSウイルス感染症が夏に大流行しています。7月からこんなに早く流行するのは鹿児島だけではありません。全国的な傾向のようです。    RSウイルス感染症は、主に6か月未満の赤ちゃんがかかると細気管支炎をおこし入院が必要になることがあります。乳児では気管支が狭く、特に細気管支に炎症を起こすと呼吸がしずらくなっ …

続きを読む>

大きいこどもさんにB型肝炎ワクチンが必要なわけ

B型肝炎ウイルスは肝硬変や肝がんの発生原因 B型肝炎ウイルスに持続的に感染すると、大人になって肝硬変や肝がんになる方が多いのです。3歳までに感染すると、持続感染するキャリアになりやすいことが分かってきました。さらにキャリアーにならなくとも、感染したウイルスはずっと肝臓にとどまり、成人になって大きな手術や抗がん剤の治療時に肝炎を起こしてくることも分かってきまし …

続きを読む>

10月1日よりインフルエンザワクチンの接種を開始!1回3500円

2017年10月1日よりインフルエンザワクチンの接種を開始しました。インターネット・電話予約もできます。 インフルエンザのワクチンは昨年同じ4価(A型2種、B型2種)です。初めての感染は重症になります。3歳以下のこどもさん、まだインフルエンザにかかったことのない子どもさんは是非ワクチンを接種し予防しましょう。費用は下記の通りです。 1回目 3500円 2回目 …

続きを読む>

ロタワクチンと2か月から、鹿児島市が12,000円補助

2か月のワクチンデビューとロタワクチンのおすすめ ロタウイルスワクチンの効果 ●ロタウイルス腸炎とは ロタウイルス腸炎は乳幼児に起こる嘔吐下痢症のなかで最も重症な病気です。5歳までに1回以上かかるといわれています。嘔吐や下痢が強く、治るのに1週間以上かかります。 ●重症になると 脱水症がひどくなると、点滴が必要になります。 日本で毎年80万人が外来を受診し、 …

続きを読む>

2016年4-5月生まれは10月すぐにB型肝炎ワクチン定期接種を

2016年10月からB型肝炎ワクチンが定期接種へ 2016年4月以降生まれの人は10月1日からB型肝炎ワクチンが定期接種で受けられます。 4ー5月生まれの人は10月すぐにワクチン接種を B型肝炎ワクチンは3回接種をお終わるのに、およそ半年かかります。 10月になったらすぐ接種を受けましょう。遅れると3回目が接種できる 1歳未満を超えてしまい、4有料になる可能 …

続きを読む>