赤ちゃんに気持ち良い刺激を!

赤ちゃんに気持ちのよい刺激を

京都大学名誉教授の久保田競(きそう)先生の著書、「赤ちゃんの脳トレ0〜1歳」(図1)をご紹介します。
1−2か月の赤ちゃんに気持ちの良い刺激をしてあげると脳がすくすくと育っていきます。2か月のワクチンデビューのときに実際のやり方をお知らせしています。
◆ おむつ替えのとき、足の底をおしたり、足の表面をすりすりなでなでしましょう(図2)
◆ 毎日、15分ぐらい目と目をあわせていろんなお話をしましょう(図3)
◆ お母さんがみているあいだ(30秒ぐらい)うつぶせもしてみましょう。首のすわりが早くなり、頭の変形もよぼうします。
そのまま寝かせてしまう「うつ伏せ寝」は、窒息、突然死の原因なります。15ー30秒ぐらいでやめておきましょう。